ウイルス対策をしつつダイエットの為にエアロバイクに乗ってみた!1029日目

自宅トレーニングの運動不足解消

11月28日(土曜日)晴れ時々曇り

今日はそこそこ良い天気だったのですが、ちょっと曇る事が多かったです。曇るとやっぱり寒くなりますね~

 

さて、エアロバイクですが、今日はちょっと足に筋肉痛が出てたので流して終わりにしました。というのも昨日はバイクで足に筋肉痛が出たのではなくスクワットを久しぶりに気合を入れてやってみたら、そっちの方で足に来ました。

 

さて、またまた大統領選挙のお話です。

最近、トランプ側の弁護士の訴訟がことごとく負け続けていて、本当に大丈夫なのか?という話が出てきてるのですが、実をいうとわたしもこんなに負けてて本当に大丈夫?と思ってました。

ただしトランプ陣営からすると、これは想定範囲内なのだそうです。

というのもトランプ陣営は、もともと州の裁判所で勝つのが目的ではなく、連邦最高裁までいってそこで勝つのが目的なんだそうです。

わたしもペンシルベニア州で裁判に負けたというニュースを聞いてがっかりした口だったのですが、いろんな人のyoutubeの動画をみてたら、各州の裁判所で負けるのは仕方がない、というよりも早く負けて連邦最高裁判所まで行った方が、トランプ陣営からすれば有利になる。という話らしいです。

だから、あれだけ負けててもトランプ側の弁護士に悲壮感がまったく漂ってなかったんですね~

でも、じゃあ、その連邦最高裁判所で勝てるのか?というとある人が言っていたのですが、今回の大統領選挙が始まる前に、この連邦最高裁判所でNY州内で新型コロナウイルスが蔓延しておりロックダウンをするかしないかのレベルになってる時に、州が教会の礼拝に制限をかけようとしたところ、市民が連邦最高裁判所で教会の礼拝に対して制限をかけるという事は宗教の自由に反する。として控訴したらしいのです。

そこで連邦最高裁の判決は、5対4でアメリカの基本概念に基づき宗教の自由を認め、制限を撤廃させる判決を下したのだそうです。

これはつまり、アメリカという国の根本にある宗教の自由と言論の自由に基づいて連邦最高裁が判決を下したことになるのだそうです。

そこに今回の不正選挙が連邦最高裁にあがってきたらどうなるか?考えていくと、このアメリカという国の根本にある宗教や言論の自由も含めた人権の尊重の部分を基本に審議されていくので最終的にはトランプ陣営が勝つ。と、そのyoutuberさんは言ってました。

 

ただしアメリカのニュースメディアでは、これだけ連続で負け続けている様子を見て、「ざまぁ」とか「それみたことか」とか言ってトランプ陣営を煽ってるメディアがとても多いですね。(まあここまでストレートには書いてませんが)

とにかく何も伝えない。不正があったと証言まであるのにも関わらず、主流ニュースメディアは一切証拠はないと言い張ってますね。

あと他にもSNSのTwitterが今は特にひどいです。

今、トランプ側の弁護士が公聴会を開いてますが、Twitterではその告知に制限をかけています。この前、告知しただけで凍結されたって話も出てきてましたね。

さらにパウエル弁護士のTwitterアカウントでは、裁判所に提出した証拠や訴えをまとめた文章をツイートしたものを削除して見れなくしてしまったようです。

他にもトランプ大統領のツイートさえも不適切だとして警告文をほぼ毎回載せてるので、もうTwitter社はやりたい放題ですね。

これだと潰されるかもしれません。

いや、直接潰すのではなく間接的に法律を変えてFacebook社も巻き込んで多数の訴訟によって金銭的に潰される。という意味ですが、今のFacebookやTwitterが存続できるのは、ある法律があるからであって、その法律がなければもうこの世には存在してないレベルなんですよね。これだけの事をやってれば。

しかし、それが分かってても全力でトランプ大統領の選挙妨害をしてきてるのですから、トランプ大統領ももう容赦はしないでしょう。

来年、トランプ大統領が次期大統領になってその保護している法律を変えてしまえば、晴れてFacebookとTwitterは倒産です。

今日のメニュー

体重 73.4キロ(服を着たまま)

エアロバイク 15:10~15:20 合計 10分

バイクの前後に腕立て伏せ 5回x1

ぶらさがるだけ 10秒