持久力UP&ダイエットにエアロバイクをこいでみた!189日目

自宅トレーニングの運動不足解消

8月4日(土曜日)晴れ

今日も最高気温が38℃を超える猛暑となり、物凄く暑い1日となりました。

そういえばここ最近はあまりにも気温が熱過ぎてエアロバイクには1日1回ぐらいしか乗れてないのですが、考えてみると足の筋肉痛が酷くて運動がしにくいという事も無く、バイクに乗りすぎて筋肉が疲れて身体が重くて動くのが辛いという事がこの頃は無くなったのでこの暑ささえ無ければ身体的には丁度良い感じで運動できている気がしています。

また、毎日1日一回は運動で汗をかくので新陳代謝についても良い効果が得られてるようにも思いますし、汗をかく事でストレス発散もできている感じもするので今のペースはなかなか良いペースな気がしてきました。

 

ただわたしの場合は長い時間をかけてやっと自分のペースをつかめてきた感じがしているのですが、今まで運動をまったくやってこなかったような運動初心者だと、痩せたいからという理由で早く痩せる為にエアロバイクに乗っていく人だった場合、後々、関節痛や筋肉痛になったり、腰を痛めてしまう人も出てくるようですね。

そこで最近特に考えるようになったのが、夏なら夏の、また冬なら冬のその時の季節や気温によって、その都度運動メニューを変えていかないと体の一部に負担がかかりすぎて怪我になりやすいのでは?と思うことがあるのです。

まあここ最近の様な38℃を超える猛暑の中で運動をするのと、雪が降りそうなほど寒い0℃近くの気温の中運動するのとでは環境がかなり違ってくるのでその環境に合わせたトレーニングをしないと身体に物凄く負担をかけそうな気がするんですよね。

いや、そこらへんの事がよく分かってる日ごろから身体を動かしてるスポーツマンでも、筋肉の限界を超えた運動を長時間続ければどこか怪我をするので当たり前といえば当たり前の話なんですが、運動初心者だとこの限界のところがわからないので、自己流でトレーニングをするとどこかのタイミングで筋肉痛や関節痛になってしまう事があるみたいですね。

まあ、軽い筋肉痛や関節痛なら何日か休めば治る事が多いので気にすることも無い話かもしれませんが、短期間でも完全に休んで筋肉痛が治っても運動するヤル気が出てこない人もいるので初心者はなかなか運動が続かない事があるようです。

ただそうならないためには、絶対に成し遂げたい目標をもつか、毎日の生活の中にルーチンとしてトレーニングを入れてしまえば、ヤル気が出てこない日があっても、運動自体はなんとか続けていけそうな気がするのですが、人というのは私の様に飽き性の人もいるのでそういった人はなかなか毎日運動を続ける事が難しいんですよね。

と、こんな事をいろいろ考えながら、私自身はエアロバイクに乗ってたりしています。

まあ、今の時期は暑過ぎてオーバーワークの心配は無いでしょうから、熱中症に注意する事が一番重要になってくる気がします。

 

今日のメニュー

体重 78.5キロ (服を着たまま)3分10秒

6:35~7:05

合計 30分

トレーニング

・らくらく毛管運動 1回

・ストレッチングボード 1回

・スワイショウ 1100回