夜ぐっすり眠る為に、朝の日の出を見ながら、スワイショウをする

運動していて気づいた事やびっくりしたこと

私、夜よく眠れない為病院に通っていた時期があったのですが、その時診断された結果が「自律神経失調症」という病気でした。

自律神経失調症=原因不明だと、その医師は言ってた訳ですね。

医師は「わたしには治せない」と言ってうわけです。

そこで出されたのが睡眠薬だった訳ですが、私にはその薬はあまり効かなかった様で、中途半端に眠くなる事はあっても、夜ぐっすり眠る事はできませんでした。

こんな状態が何日も何ヶ月も続いたのですが、つい最近ふと思い立ち、スワイショウをして見ることにしたのです。

 

過去にスワイショウを毎日100回~最高4000回やっていた時期があったのですが、あの時は「健康で元気になれたら」と思って、毎日スワイショウをしていたものの、最終的にはハッキリと効果を感じる事はありませんでした。

確かに、体調的に良い感じな時も結構あったので、全く効果が無いわけではありませんが、気のせいなのでは?と言われれば、そうかもしれないといった感じのレベルだったのです。

こんな感じで以前スワイショウをやってた時は、そんなにハッキリと分かるような効果はありませんでしたが、今回は「ただスワイショウをする」というだけでなくこれにある条件を追加してやってみました。

その条件が日の出の太陽を眺めながら、スワイショウを40分間やるです。

更にスワイショウをやっている間、ガヤトリーマントラを唱えるも最近追加しました。

このガヤトリーマントラを唱えるというのは、日本で言うと真言を唱えると言えばいいでしょうか。(特定の宗教とかとは関係ありません)

以前は、数字を1から100まで繰り返し頭の中で数えてたのですが、ある日からこのガヤトリーマントラに変えたら、頭の中の雑念が消えました。

実際にスワイショウをする時は、あまたの中をからっぽにして何も考えずに無心にやるとより効果があるのですが、無心にする方法自体は人によりけりかもしれませんね。

私はこれで無心になれました。

 

この日の出の太陽を眺めながらスワイショウをするという行動ですが、太陽を見ると目を傷めるのでは?と思う人がいるかもしれません。

確かに真夏の太陽、昼ごろの真上にある太陽を見るのは目に悪いと私も思います。

日の出直後の太陽は真昼の太陽と比べ、実際に見てみると光そのものがかなり柔らかい事が分かると思います。

夕日をよく見る人なら分かると思うのですが、夕日って、見てると、ぼーっとしたオレンジ色をしていて、そんなに眩しくない感じがしませんか?

早朝の日の出直後の太陽も、あんな感じのボーっとしたオレンジ色をしていて、そんなに光は強くないのです。

日の出から1時間もすればかなり眩しくなるので、そんな眩しい太陽を見たらもしかしたら目に悪いかもしれませんね。

太陽を見る事自体が自己責任となりますが、日の出直後から10分ぐらいの間の太陽は、とても柔らかい赤オレンジ色の光なので、目へのダメージはほとんど無いとわたしは思っています。

その光を見ながら、光を浴びながら、スワイショウを40分間やっていくわけです。

私の場合、日の出直後の1分ぐらいまでを目を開けて、後は半目になり、少し下を見ながら瞑想をするような感じでスワイショウをしています。

こうしてると頭から雑念がとれて、無心で手を振れるんですよね。

その結果、ナゼだか分からないのですが、夜あまり眠れていなかったのが、夜眠れるようになってきたのです。

スワイショウ自体が体をリラックスさせる事につながりますし、日の出の太陽を見ることで体内時計をリセットする事が出来るわけですから、結果的に夜眠れるようになれるのは必然なのかもしれません。

日本人は特に体内時計が狂ってる人が多いと聞いた事があります。

それを日光浴をする事で体内時計をリセットできるという話を聞いた事もあるので、まさにわたしは毎朝リセットしている事になりますね。

これで健康になれないわけがありません。

ただひとつだけ問題があるとしたら・・・

朝起きて窓を開けたら、曇ってるってことが結構あることでしょうか。

曇っていてもスワイショウはするのですが日光浴は出来ないので、体内時計のリセットはされてない気がします。

朝起きれない時もあるので、なんでもかんでも曇ってるせいには出来ないのです。

朝決まった時間に起きて、スワイショウを何十分かするというのは、とても体に良いと思うので、夜よく眠れない人や体調が気になる人はやってみるといいかもしれませんね。

私はこれをやるようになったからか、本当によく眠れるようになりました。