ウイルス対策をしつつダイエットの為にエアロバイクに乗ってみた!843日目

自宅トレーニングの運動不足解消

5月26日(火曜日)曇りのち雨

今日はとうとう雨が降ってきました。

しかも気温が高いからかかなり蒸し暑いです。

 

さて、もうすぐ緊急事態宣言が全国で解除される感じになってきてはいますが、しかし、いまだに通常の日常生活ができるような状況にはなっていませんね。

たとえば今月末に緊急事態宣言が解除されたからといって、倒産してしまった中小企業は再開されませんし、一時的に休業していたお店の場合でも、新型コロナウイルスが蔓延する前の去年ほどにはお客さんは来店しないだろうと予測されます。

しかもいまでもTVでは、ウイルス感染予防の為に2m以上距離を取ってレジとかの列に並ぶようにとNHKが率先して人々の日常生活に制限をかける放送を積極的にしている状況です。

で、こういった事をしていくとどうなるかというと、緊急事態宣言が解除されても宣言の時の自粛ムードが継続されていき、結局、観光地には以前ほどには足を運ぶ人が出てこなくなりますし、生活必需品を売ってるお店以外のレジャーや娯楽にも、あまり人がいかなくなってしまうわけです。

つまり日本経済の停滞はこれからも延々と続いていくという訳ですね。

そういう事もあってか、海外から日本への旅行者に対して経費を半額出しますよと日本政府は言い出したのだとは思いますが、今は海外よりも日本国内にお金を使った方がはるかに有効なのに、相変わらず日本国内よりも海外に住んでる人を優遇する事に政府は使命を感じているようです。

 

さて、結局なにがいいたいのかといいますと、これからも自粛を余儀なくされる日常生活が続いていきますが、これからはもう、これが当たり前だという事を踏まえて、じゃあ、これからどう生きていけばいいのか?を考えていかなければいけない状況になってきたという話です。

たとえば観光関係は、しばらくは以前と同じような活気は戻ってこないと考えた方がいいでしょう。

(そのしばらくが、何週間か何か月か何年かはわかりませんが)

というのも、今はウイルス感染が落ち着いていますが、必ず第二波が日本にもやってくるので、その時もし、ウイルスの蔓延が長期間になった場合、今までのやり方だとホテルやおみやげ関連の会社が軒並み倒産してしまう可能性が高いからです。

まあこれについてはホテル業界だけでなくほかの業界も一緒なんですが、どの業界でも一番大変なのは現場で働いてる人達なんですよね。

そういえば最近やっと政府は、医療現場で働いてる人に追加で手当て(給付金)を出す予算を組むとか言い始めましたが、やっと政府も現場の大変さがわかってきたかとふと思いました。

 

と言った感じで今日もエアロバイクに乗っていったのですが、今日はとても疲れしてしまったので、1回乗ってすぐに寝ました。

最近ほんと疲れる事が多いです。

今日のメニュー

体重 74.2キロ(服を着たまま)

エアロバイク 23:10~23:20 合計 10分

バイクの前後に腕立て伏せ 5回x1

ぶらさがるだけ 10秒