心とからだは繋がってるから、心とバランスをとる為にも運動を

ここ最近、わたしの体がずーっと調子がよくない状態が続いていたのですが、これについては理由があります。

自分以外のほかの人にとっては本当にどうでもいい話になるとは思うのです。

今の自分の状況について真剣に考えたところ、物凄く状況が悪い事に気づき、その状況を打開できるほどの力が今の自分にはまったく無い事に愕然としてしまい、そのせいで精神的にまいってしまい体調がすこぶる悪かったというのが理由です。

 

後から思い出した事なんですが、今回のわたしの様に精神的にまいってしまって心が落ち込んでしまうと、連動して体の方も機能が低下してしまい、病気に対する抵抗力が極端に落ちて病弱な体になってしまう事が実際に起きてしまうんですよね。

そうならない人も世の中には居るとは思うのです。

心と体は連動しているので、心が落ち込めば体の機能も落ち込み、逆に体の機能が低下して病気になれば心の方も病んでいくというパターンも実際にあるわけです。

もし心も体も病気になりたくないなら、普段から心を鍛えるか、体を鍛えるかして、病気に対する抵抗力を高めていく事が有効になってくるとわたしは思うのです。

わたし自身自分でもわかっているのですが、メンタルが弱く、体も普通の人と比べれば極端に貧弱なのは、自分でも自覚しているので体は鍛えた方が良いだろうとは考えていたのです。

普段から体を動かそうと積極的に思っていない人は、自ら積極的に体を鍛えようとはあまり思わないんですよね。

体が弱ってくると心も弱ってくるのはわたしも経験してきたので、心と体の調子を整える為にも毎日運動をしていく事はかなり有効だとわたしは思っています。

心の中では良いと思ってる事でも、実際に行動に移すのは大変だったり面倒だったりする場合も多いので、結局最後は自分次第となってきます。

でも、ここを読んでくれた人で、まだ運動が習慣になってない人は、今から日々の生活の中に体を動かす習慣を追加する事をおすすめしたいところです。