アルインコ エアロバイク AF6200 の調節つまみの負荷

アルインコ エアロバイク AF6200 は、ペダルを回す時にかける負荷を調節する為のつまみがあります。

上の写真のこれですね。

この写真にあるように、アルインコ エアロバイク AF6200 には、1段階から8段階、負荷を調節する為の調節ネジが取り付けられています。

 

それぞれの負荷は、いったいどれくらいの負荷になるのか?が今回の話題です。

「個人差がある」ことを頭の隅に置いておいてもらってから、読んでいただけると有り難いです。

 

このエアロバイクに初めて乗ったのが2018年の1月だったのですが、その時の私の体調はあまりよくなく、運動はホトンドしていない状態での初乗りとなりました。

その日初めてこのエアロバイクに乗ってみたところ、設定1でも5分間乗るのがやっとの状態だったんですよね。

虚弱体質の人で運動をまったくやっていなかった人がこのエアロバイクに乗った場合、設定1でも、5分間も乗ることが出来ないぐらいキツイ運動量になる場合があるという話です。

実際に私自身、5分乗るのがやっとでした。

 

今の私の体力で設定1に乗った場合(このエアロバイクに400日以上ほぼ毎日乗ってる状態だと)、設定1だとあまりにも軽過ぎて、運動にならない感じがします。

毎日運動している人がこのエアロバイクに乗った場合、設定1では物足らないと思います。

 

設定1が慣れてきたら、設定2にあげていく事になると思います。

感覚的にこの設定2は現実の自転車に乗ってペダルを回す時よりも、少し軽い運動負荷と思っていただくとよいでしょう。

普段から運動している人の場合、設定1だと軽過ぎてあまり運動にならず、設定2だとまあ準備運動ぐらいにはなる感じとなります。

設定3にあげてペダルを回していく事で、やっと現実の自転車の運動負荷と同レベルになる感じです。

 

運動不足の人はいきなり設定3にしてエアロバイクに乗らない方がよいとは思いました。

運動不足の人が設定3の負荷でエアロバイクに乗ると、足にかなり負荷がかかってしまうからです。

運動を全くしてなかった人がこのエアロバイクに乗る場合は、設定1から始めて、調子が良い時に設定2で乗ってみて、慣れてきたら設定3以上にして乗ってみるのがオススメです。

今の私なら設定3で10分とか20分間乗れてる状態です。

初めてこのバイクに乗った自分がこの設定3を普通にこげるまでにかかった時間を考えてみると、1年とちょっとかかってる感じになります。

ヤル気がある人なら半年とか3ヶ月でも余裕で設定3でこげるようになるとは思います。

身体を動かしてこなかった人は、毎日体を動かす事が習慣になっていないので、まずは毎日エアロバイクに乗ることからはじめた方が良さそうです。

 

こちらが、私が毎日乗っているエアロバイクとなります。

 

最後になりますが、このエアロバイクは1段階から8段階まで運動負荷を変えれる機械が付いています。

そこで私は何度か設定8で乗ってみた事があったのですが・・・

この設定8は毎日体を動かす習慣がある人でも、普段から自転車にあまり乗っていないような人にとっては、かなりキツイ設定です。

普段から自転車に乗ってるような人なら、いきなりこの設定8で乗っても、慣れれば十分体がついていくでしょう。

運動不足の人は設定8どころか、設定3でもかなりキツイ事になると思われるので、設定1に慣れてから順をおって設定をあげていくと安全です。

 

まとめ
ダイエットと運動不足を解消していく自宅トレーニング実践ブログ