猛暑を乗り切る為にエアコンを活用、そのエアコンで自律神経が乱れる事も

運動していて気づいた事やびっくりしたこと

梅雨があけたと思ったら、連日の猛暑で多くの人が夏バテになってきてるのではないでしょうか。

私自身も夏バテになっています。

夏バテは冷たい物を食べすぎたり飲みすぎたりしてなることもあるでしょうが、部屋の中でエアコンの冷たい風にあたり過ぎるのも、夏バテの一つの原因になります。

ただエアコンは夏バテ以外にも、体の冷えや自律神経の乱れにも関係してくるようですね。

この自律神経の乱れによって起きてくる体の症状が、睡眠不足だったり、食欲不振だったり、何でもない時にのぼせる事だったりします。

どれも夏バテの症状と重なっているので、夏バテだとひとくくりにしてしまえばよい気もします。

結局、自律神経の乱れを意識して治していく事で夏バテも改善していくので、夏バテをなんとかしたかったらまずは自律神経の乱れの方から手をつけていくと、早く解決していくのではないかと個人的には思っています。

 

そこで自律神経の乱れを整えるのにおすすめなのが「運動」です。

とくに「有酸素運動」はかなりおすすめです。

おすすめは「エアロバイク」ですね。

今使ってます↓

運動不足の人の中には、暑い日に外に出たくないとか動きたくないと思ってる人が多く、暑くて体がだるい日は、まったく動こうとすらしない人までいるぐらいです。(わたしですね)

外の気温が36℃を超えている状態で、そんな暑い中でわざわざ外に出て運動をしようなんて人は、健康な人でもまずいないでしょう。

室内でも運動ができるのが、このエアロバイクなんです。

また室内でもウォーキングができるルームランナーもおすすめですね。

ルームランナーはこっちを使ってます↓

これらを暇があれば乗っていれば、自律神経の乱れをかなり整えてくれると思います。

そして、自律神経を整える為に重要なのが「睡眠」です。

この睡眠、熱帯夜が何日も続くとどうしても睡眠不足ぎみになってしまって、ぐっすり眠る事ができなくなるんですよね。

私のおすすめとしては、朝の日の出を眺めながらスワイショウをすることです。

日の出を眺めるのが何故良いのかと言うと、人間には体内時計があり、この体内時計にそって毎日起きたり寝たりを繰り返しているわけです。

しかし自律神経が乱れてくると、この体内時計も乱れてくるようになり、決まった時間に起きたり眠る事が出来なくなってしまうのです。

そういった場合に効果的なのが日光浴をする事なのです。

最も効果的なのが、日の出の時間帯に起きて、太陽を眺めながら日光浴をする事です。

上にも書きましたが、太陽をぼーっと眺めるのも良いのですが、時間をもてあましてしまう人は、手を前後に振るだけの体操「スワイショウ」をしながら眺める事をおすすめします。

これをすると体をとてもリラックスさせる事ができるので、気持ちの良い朝を満喫できるでしょう。

後は食事ですが、いろんなサイトに書かれてあるので今回は割愛します。

何と言っても一番良いのは、エアコンの冷たい風に当たらないというのが、やっぱり一番良いですよね。