アルインコエアロバイクAF6200 の負荷設定について

このアルインコエアロバイクのAF6200は、8段階負荷の調節ができます。

今の私は、設定5で10分から20分ぐらい毎日エアロバイクに乗っている状況で、(自己申告となりますが)そこそこ脚力はありそうな感じではあります。

そんな人にとって、この8段階の負荷がどんな負荷なのかを簡単にを書いてみようと思います。

 

設定1 まったく負荷のかからない状態

設定2 設定1よりも少し負荷がかかった状態

設定3 やっとここで普通の自転車並みの負荷に

設定4 自転車に乗って漕ぎ出すぐらいの負荷

設定5 自転車でかなりゆるい坂道をのぼってるような負荷

設定6 自転車でゆるい坂道をのぼっていくような負荷

設定7 自転車で坂道をのぼっていくような負荷

設定8 立ち漕ぎまではしなくても結構傾斜のきつい坂道をのぼっていくような負荷

となります。

このエアロバイクで一番軽い設定1については、普段から自転車に乗っている人からすれば、あまりにも軽過ぎてまったく運動にならないレベルだと思っていいでしょう。

とにかくペダルをいくら回しても負荷がかかっていないので、全く運動にならないと感じる人が多いと思います。

そいうった人の場合、設定1はとばして設定3から始めていくと良いでしょう。

 

ただし、普段は自転車にまったく乗らない、または、事務職の人で普段身体を動かす事を一切してこなかった人が初めてこのエアロバイクに乗る場合は設定1からがベストです。

私がそうだったのですが、普段運動をまったくせず自転車にも乗らなかった私がこのエアロバイクに初めて乗った時、設定1でもかなりきつかったからです。

初めて乗ったその日に何度も乗っていくうちに直ぐになれましたが、運動をまったくしてこなかった人がいきなり自転車並みの負荷の設定3以上にすると、三日坊主で終わりそうな予感がします。

今まで運動してこなかった人が「いきなり身体に負荷をかけて運動をする」のは、(人によりますが)身体にとってもリスクがあるので、最初は一番軽い負荷で始めるのが無難だと思います。

 

設定1は運動をまったくしてなかった人の設定でしたが、設定2は設定1よりも気持ち負荷がかかっている状態になるだけで、それほど大きな差はありません。

このちょっとした負荷が、運動初心者には結構キツイので侮れないんですよね。

設定1に慣れてきたら、次は設定2に上げて乗っていく事になると思います。

このちょっとの負荷でも、それを30分間続けるとなると、普段運動をしてこなかった人にとっては相当キツイトレーニングになるはずです。

エアロバイクを使って5分とか10分とか短い時間の間に、高負荷をかけてトレーニングをしてくという方法もありますが、有酸素運動の効果を得る為に、ある程度時間をかけてペダルを回していくパターンが多いと思います。

そういった場合、最低でも20分間はペダルを回し続けていかないとあまり効果が出てこないので、1回乗るたびに20分とか30分間乗り続ける事になるはずです。

設定2のちょっとの負荷でさえも、運動をまったくやってこなかった人が20分も続ければ、かなりキツイ運動になってしまうはずです。

私は過去に設定1で30分間乗るのを1日4回とかできる様になってから設定2にあげたのですが、ほんのちょっとの負荷でもかなりキツくなった記憶があります。

運動初心者レベルの人は、まずは設定1に慣れてから設定2にあげていくのがおすすめです。

 

設定3でやっと現実の自転車並みの負荷になってきます。

普段から自転車に乗ってる人ならここから始めると良いでしょう。

設定3でやっと自転車レベルになったといっても、感覚的には惰性でペダルを回してる時の様な軽い負荷なので、普段から自転車に乗ってる人からすれば少し物足りないレベルかもしれません。

そういう人は何回か設定3で30分間続けて乗って見て、それでも物足りなければ設定4に上げると良いでしょう。

 

設定4ですが、ここからやっとトレーニングレベルになってきます。

設定3までは、普段自転車に乗ってる人なら物足りないレベルですが、設定4ぐらいになってくると、それよりは負荷がきつくなってきます。

自転車でいうと自転車に乗って漕ぎ始めるレベルの負荷となります。

向かい風の中自転車に乗ってペダルを回してる感じだと言えば良いでしょうか。

普段、自転車に乗ってる人でもこの設定4の負荷で20分間ペダルを回し続けるのは、ちょっとキツイと感じる人が出てくると思います。

この設定で毎日20分間とか30分間乗っていけば、ダイエット効果も少しずつ出てくるはずです。

 

設定5の説明となりますが、私は今この設定で毎日エアロバイクに乗っています。

ここまでくると自転車でちょっとした坂道を延々とのぼっていく様な感じになってきます。

実際に毎日運動している人や自転車に乗ってる人でも、この設定で30分間乗り続ければ体が熱くなり汗が出てくるはずです。

設定5で毎日エアロバイクに乗ってる人の場合、運動不足だという事はまず無いでしょう。

私は毎日10分程度しか乗れてませんが、かなりキツく感じる事があります。

 

設定6と7の説明なんですが、私はこの設定で乗る事はホトンドないので詳しくは説明できないものの簡単に説明すると、自転車でずーっと坂道をのぼってる感覚が続く感じです。

設定5ではちょっとした坂道をのぼり続ける感覚でしたが、設定6以上になってくるともうちょっとした坂道ではなくなってくるのです。

 

最後に、このエアロバイクのMAX設定の8の説明となりますが・・・

簡単に説明すると、脚力があまり無い人だと立ち漕ぎしないとまともにペダルが回せないレベルの負荷となります。

私自身このエアロバイクに乗り始めて半年後ぐらいに、試しに設定8で乗ってみたことがあったのですが、立ち漕ぎしても設定8で1分間ペダルを回し続ける事ができませんでした。

このエアロバイクに乗り始めて半年後というのは、設定2にして1回30分を3~4セットしてたぐらいの時期だったでしょうか。

その時はまだ現実の自転車レベルの負荷で乗っていなかった時期だったので、まったく脚力が無かったんでしょうね。

設定3=平地での自転車負荷レベルですらまともに乗れてない人は、設定8は到底無理な設定だと思って間違いないです。

ただ、設定8で20分とか30分間ペダルを回し続けれるようになれば、脚力もかなりつき持久力も相当ついてる事が実感できるようになると思います。

目標としては、この設定8で1分間80回転以上をキープしつつ、30分間乗り続ける事でしょうか。

今の私の脚力では、1分間60回転を2分間だけ乗り続けるのが限界ですが、ここまでできる脚力がついたのは、エアロバイクに乗り始めて1年と半年以上経ったつい最近の話です。

過去の私のように、まったく運動してこなかった人でも、時間をかければ設定8を乗れるぐらいの脚力はつきます。

足を鍛えたい人はエアロバイクはコストパフォーマンスに優れてるのでおすすめですよ。